美容

男の「顔の脂&テカリ」の原因

顔の脂&テカリは、世の男性の悩みの一つですよね。

いまは清潔感が重要視される時代、顔のテカリが酷いとそれだけで損をしてしまう可能性もあるんです。

そこでここでは、男性の顔のテカリがなぜ起きるのか、皮脂が分泌される仕組みからその対策法などをご紹介したいと思います。

顔の脂・テカリの悩みから解放されましょう!

男性の顔のテカリはなぜ起こる?

男性特有の顔のテカリ。これは何が原因で起こっているのでしょうか?

顔のテカリが起きてしまう理由は「皮脂が過剰に分泌しているから」です。

顔がベタベタと脂っぽくなってしまう肌を一般的に「脂性肌」や「オイリー肌」と言いますよね。

顔が脂でテカってしまうという方は、この「オイリー肌」の可能性があります。

ですがこのオイリー肌、乾燥が原因でなっている可能性があるのです。

まず、皮脂の過剰分泌の原因として考えられるものをご紹介しますね。

水分不足

元々皮脂は、肌を外部からの刺激から守るために存在しています。

皮脂の分泌を命令している脳は、肌を守るために皮脂を出すのです。

皮脂が過剰に出ている状態というのは、脳が肌が弱っていると感じているから、ということになります。

肌が弱る原因として多いのが、肌の水分不足です。

水分が不足し乾燥していると、外部の刺激が身体の中に入ってこようとします。

それを阻止するために保護力のある皮脂を出すのです。皮脂が多いからと言ってオイリー肌である、ということはないのです。

遺伝

親のどちらかが脂性肌だった場合、その肌質が遺伝している可能性があります。

遺伝は「生まれつき皮脂腺が発達しやすい状態」なので、皮脂腺が普通の発達をした人よりも皮脂が出やすいのです。

遺伝の場合は、脂をとろうと洗顔を何度もしたり、あぶらとり紙を多様したりすると刺激となっていまい、さらに皮脂が分泌してしまうこともあります。

ストレス

ストレスを感じることによって、ホルモンバランスが崩れ「男性ホルモン」が通常よりも多く分泌されることがあります。

男性ホルモンは、もともと皮脂の分泌を促す作用があり、多少のテカリは男性なら誰でもあることです。

ですが、ストレスを感じ続けているとそれが刺激になり、自律神経が乱れてしまうのです。

自律神経が乱れると男性ホルモンを過剰に出してしまうため、皮脂が多く分泌され脂っぽくなるのです。

食生活

食生活が乱れていると、顔の皮膚に影響が出やすいです。

油っこいものやお菓子などを沢山食べてはいませんか?脂が多い食べ物ばかり摂ると、その油が皮脂として出てきます。

ポテトチップスやチョコレートなどは特に油分が多いので注意が必要です。

更に、夜更かしも顔のテカリの原因になります。

本来寝る時間に起きていると、ホルモンバランスが崩れ、皮脂が過剰に分泌されやすくなるのです。

やってしまいがちな習慣!本当は逆効果かも…

テカリが気になると様々な方法で対処しようとしますよね。

でもそのやり方、逆に皮脂の分泌を促している可能性があります。

一日に何度も洗顔する

テカリを抑えるために、朝と夜以外にもゴシゴシと洗顔をする方がいます。

綺麗にしたいという気持ちはわかるのですが、洗顔のしすぎは逆効果なんです。

皮脂は肌の保護をしていますから、ある程度は身体に必要です。

その必要な分まで落としてしまうと肌が無防備な状態となってしまい、肌を守ろうとして皮脂を更に出そうとします。

また、力を入れてごしごし洗うのも肌を傷つけてしまうので逆効果なのです。

皮脂を取りすぎる

あぶらとり紙や洗顔シートで皮脂を取るのもいけません。

気になる所だけポンポンと軽くとるのならいいのですが、何度も強く皮脂をとると、必要な分の皮脂まで取れてしまうので、肌を守ろうと更に皮脂を出そうとします。

またゴシゴシと強く拭う様にすると肌が傷つき、毛穴が開いてしまうこともあるので注意しましょう。

顔に触っている時間が多い

癖で顔を触っていたり、頬杖をついたり、つい顔を触ることはありませんか?これは誰でもあることですが、実はあまり良くない習慣なのです。

手は雑菌が沢山ついているので、その手で顔を触っていると刺激となり、皮脂が分泌され、毛穴が詰まったり、ニキビの原因になりやすいのです。

できたニキビをつぶしたりしてもいけません。できるだけ触らないように我慢しましょう。

-美容

© 2020 男をみがけ「Happy man」