美容

男の顔の脂とテカリ対策!皮脂の過剰分泌を抑えるためのコツ

ベタベタと顔の脂が浮いてしまったり、テカリが起こっている場合、皮脂の過剰分泌が原因と考えられます。

男性は女性よりも皮脂の分泌が多いので、その分こまめにお手入れしてあげたいですよね。

皮脂の過剰分泌をおさえて、テカリを防ぐための正しい対策を確認しておきましょう。

テカるのは皮脂の過剰分泌が原因

顔の脂やテカリが気になる男性の場合、その原因はさまざまです。

しかし、正しいスキンケアを行うことで、皮脂の過剰分泌はおさえることができます。

具体的には次のようなポイントに気を付けてみましょう。

正しい洗顔方法

皮脂の分泌を抑えるためにはまず、正しい洗顔方法を身につけることが大切です。

まず、石鹸を泡立てる時は泡立てネットなどを使い掌が泡でいっぱいになるくらいまで泡立てましょう。

泡立てたらその泡で顔を包むようにして、洗っていきます。泡で洗っていくイメージです。

すすぐ時は、人肌の温度のお湯で優しく10回程度すすぎます。シャワーを直接顔に当てるのはおすすめできません。

タオルで拭くときはゴシゴシと拭わず、ポンポンと軽く肌に当て水分をとっていきます。

洗顔の回数は1日2回にしましょう。

食生活改善

肌が脂っぽくなったり、ぶつぶつができたりと荒れた時は、ビタミンB2、ビタミンB6が不足している可能性があります。

ビタミンB群は脂肪の代謝を促進する働きがあり、特にビタミンB2、B6には皮脂分泌を抑える作用があります。

主な食品は、「レバー、納豆、うなぎ、玄米、緑黄色野菜、魚類」などです。

普段食事でコントロールが難しい人は、サプリメントを利用するのもよい方法です。

化粧水、乳液で保湿!肌に水分を補給

今は男性でも化粧水や乳液でケアをする時代。皮脂の過剰分泌は、肌の水分不足であることが多いですからしっかりと水分を補給してあげましょう。

化粧水

男性用の化粧水でもいいのですが、人によっては刺激が強いこともあるので、自分の肌に合ったものを見つけましょう。

化粧水を付ける際は、500円玉くらいの量を出し、手に馴染ませます。

そして顔全体に行きわたるように優しく押し付けていきます。

パンパンとはたいたりしてはいけません。

たっぷりと使い、肌に染み込ませていきましょう。

化粧水に保湿成分がある場合はいいのですが、保湿成分が含まれていないのなら、化粧水の後に乳液を付けましょう。

乳液

化粧水は水分なのでそのまま放置してると蒸発し、乾燥してしまいます。

そこで、乳液でふたをするのです。

乳液には油分が含まれているので化粧水が蒸発しません。

油分と言ってもこれは必要な分ですから使っても大丈夫です。

乳液は化粧水ほどの量は必要ありません。

少量を手に取り、馴染ませた後滑らすように優しく塗りましょう。

テカリを抑える洗顔料の選び方

テカリが気になる人には「固形石鹸」で洗顔をするのが良いと言われています。

固形石鹸は、液状や泡の洗顔料をは違い、含まれる脂分が少ないのです。

洗顔料には「脂分」が含まれているので洗った後はしっとりとします。

ですが皮脂の分泌が多い人にはこの脂分は更に脂っぽくするものとなり、逆効果です。石鹸で洗うと、洗い上がりはつっぱったような感じがしますが、これは汚れがしっかり落ちたということ。

化粧水などを付ければおさまります。

さらに、洗顔料には「合成界面活性剤」が多く含まれています。

これは台所洗剤にも多く含まれているもので、洗浄力はありますが必要な皮脂や潤いまで洗い流してしまうので肌には良くありません。

固形石鹸はこの合成界面活性剤が比較的少なく、肌にいいのです。

固形石鹸はしっかり泡立てないと洗浄力を発揮できません。泡立てネットなどでしっかりと泡を作りましょう。

食事と規則正しい生活でテカリ対策を

顔の脂&テカリは、体質やストレスも関係はしますがそれよりも食生活や洗顔の仕方、生活習慣などが大きく影響してきます。

お菓子や脂の多い食事は美味しくてたくさん食べたくなりますよね。

でもそれを少し我慢して食べ過ぎないようにしましょう。

夜更かしもホルモンバランスを乱すだけでなく、様々な病の発端にもなりますから気を付けなければいけません。

バランスのいい食事と規則正しい生活を心掛け、悩みから解放されましょう!

-美容

© 2020 男をみがけ「Happy man」