仕事術

仕事に集中できない!集中力アップのためのアイデア

新社会の方には、集中力が途切れる事は無縁かも知れませんね?

それは、頑張って入社して仕事を覚える事が一生懸命な時期だからだと感じます。

しかし、仕事に慣れると効率アップを意識しないケースも出てしまいます。

それは、もしかすると自身の集中力を再確認する時期かも知れませんよ。

先ずは、仕事効率アップの為に”やらない時間”をセッティングする。

これは、大胆な意見に聞こえます。ここで言う、やらない時間とは頭の休憩時間の事です。

勿論、ミスが許されない内容なNGですが…。

例えば、コピーをする場合に枚数を確認しながら無の状態を行います。

この状態なら、緊張感が無く肩に力は入っていませんね?

違う部署の相談も聞いてみると頭の方向転換になる。

企業の人数が多いと、部署によって仕事内容も変化しますね。

そこで、気軽な相談でも受けてみましょう。

ここで重要なのですが、気軽でも適当な回答はダメですよ。

あくまでも、紳士的な態度で聞いてみると自身の効率アップのヒントがあるかも知れません。

更には、変化を付ける思考になるので頭のほぐし効果も期待出来ます。

ここで良いアイデアが出れば、互いの相乗効果も期待出来ますね。

お昼休みは、食事を楽しむことに徹底しましょう!

よくある風景で、昼食を惜しんで仕事をする人…いますよね?

「後少しで、残業しないで良いから!?」この発言は、正に自分に集中力が無い証拠なんです。

しかも、結局ダラダラと仕事が長引くパターンになりますね?やっぱり、仕事の効率と集中力には昼食は大事です。

おもいっきりはしゃいで、食べるを楽しみましょう。

最後は、スッイチのオン・オフと中間も欲しいですね?

仕事での効率は、人生にも通じます。

24時間、365日のフル稼働は無理な話ですね?

長く良い仕事をするには、オン・オフ・中間(流す)のスイッチ操作が必要だと感じます。

(流すとは肩に力が入らなくても出来るを意味します)やはり、やる・やらない・流すは大事なスキルです。

仕事に集中力が無いと感じたら、チャレンジして欲しいですね。

-仕事術

© 2020 男をみがけ「Happy man」