仕事術

自分のキャパシティを増やすには〇〇が必要!

私たちは大人になっても、常に成長を続けています。

社会人になりたての頃はまったく仕事ができなかったのに、3年、5年、10年と経つにつれて仕事ができるようになり、社会のマナーも身に付いてきます。

意識が高い人は特に、自分の成長を加速させたくて勉強をするでしょう。

どうしても叶えたい夢がある人も、仕事をしながら夢を追いかけます。

そこで問題になってくるのが、「どうやって時間をつくるか」です。仕事や家事をしながら、どこで勉強の時間をとるか?まずはどこかで何かの時間を犠牲にしないといけません。

睡眠時間なのか、リラックスタイムなのか、家族との時間なのか。24時間という時間を毎日貰っていますが、忙しい現代人では、そうでもしないと時間がとれないのです。

人は慣れてくると時短になっていく

ただし、人は慣れてくると時短ができるようになるというのも事実です。

例えば料理は最初は苦手で手際が悪くても、慣れてくると、特に何も考えずに体が勝手に動きます。

仕事だって同じ量であっても、社会人1年目がやるのと社会人5年目がやるのとでは、かかる時間が倍以上に違いますし、時短でできてもクオリティが高いでしょう。

こんな風に、人はどんどん時短できるようになってくるんです。「時短できるようになる」というのも成長の1つです。

でもやっぱり限界があるんですよね。30分かかっていた料理を10分で出せるようになっても、どうしても10分以内に出すことは物理的に無理なんです。

ここで成長が止まってしまいます。もっと成長したいと思うなら、キャパオーバーを覚悟しないといけません。

キャパオーバー?成長したいから大歓迎!

フリーランスで働いている人は、自分で仕事を取ってきます。

その分、仕事量を少なくすることも、多くすることもできますよね。

フリーランスの人がまだまだ成長をしたいときはどうするかわかるでしょうか?

正解は、「仕事を増やす」です!ただむやみやたらに増やしては、手が回らずクライアントに迷惑をかけてしまうので、正確には「自分のキャパシティよりも多少無理して仕事を増やす」ですね。

成長したいなら、現状のままで満足していてはいけません。

「これくらい余裕」から、「できるかな?大丈夫かな?なんとかなるかな?」くらいの仕事量をずっと続けていくんです。

先ほど説明したように、慣れれば時短できるようになるので、「ここから先はキャパオーバー」のラインがちょっとずつ上がってくるのがわかります。

副業的に働くのであればそこまで本腰を入れる必要はありませんが、本業であれば生活がかかっているので、本気で働きますよね。特にフリーランスであれば、自分の努力次第で月収10万から50万まで、短期間で上げることだってできるんです。

フリーランスじゃなくても、成長したい、夢を叶えたいならば、キャパオーバーを歓迎するくらいの気持ちで臨みましょう!

-仕事術

© 2020 男をみがけ「Happy man」