仕事術

人事担当が思わず釘つけになりだす履歴書作成の方法

転職の際、履歴書の書き方は非常に大切です。人事担当が思わず釘つけになりだす履歴書作成の方法について紹介します。

履歴書はパソコン?手書き?

少し前までは履歴書は手書きが主流でしたが、今は特にどちらでも印象に差はありません。

ただし、業種によっては手書きが有利な場合や、パソコンが有利な場合があるためリサーチも必要です。

それでも迷った場合は、手書きにしておくことがおすすめです。

学歴・職歴は間違いなく丁寧に

学校名や卒業年度など、間違いがないようにきちんと調べて記載しましょう。

大学名を記載する際は学部、学科を記載し、正式名称で書いていきましょう。

また、人事採用者は自社で活躍できる人材かどうかを見極めるため、退職理由や退職回数は厳しくチェックしています。

ブランクがある場合には、きちんとその理由を記載しておくことも大事です。

志望動機はオリジナリティーを出す

なぜこの会社を選んだのか、社風を理解しているのかを、人事担当者は履歴書からもくみ取ろうとしています。

そのため、あいまいな理由ではなく、きちんと自分の言葉で志望動機を伝えていきましょう。

何社も転職活動をする場合、使いまわしの履歴書を用意する方もいますが、これは絶対にNGです。

シンプルなものでも構わないので、自己PRも添えてきちんとアピールしていきましょう。

本人希望欄も空白にしない

給与は基本的に「貴社規定でお願いいたします」と記載しましょう。

勤務地も自分が通える場所を書いたうえで、同じく「原則として貴社規定に準じます」と添えておくといいでしょう。

また趣、味や特技の欄は空白にせずに、きちんと書き込んでください。

人事はここからあなたの人柄を読み取ろうとしているので、うまくいけばここでアピールも可能です。

ギャンブルなどは避けるべきですが、読書や旅行などありきたりなものも話題性に欠けます。

その場合は、コメントを添えて個性を出すと面白味が出てくるので、試してみてくださいね。

-仕事術

© 2020 男をみがけ「Happy man」