仕事術

目標達成に大切なたった1つのこと

人間は「常に成長をしたい」という欲求を持っている動物です。

何か1つの目標を達成しても、次の目標が出てきます。言わば、貪欲な生き物なのです。

それが人間に備わった「自己実現欲求」なのですから、当たり前のことです。

だけど目標を達成できなかったときには、ひどく落ち込む人もいます。特に真面目な人にそういった人が多いようです。

一方で、達成したときの喜びはとっても大きいです!では、どうすれば落ち込みや挫折を味わわず、目標を達成できるのでしょうか?

実は目標を達成して夢を叶えている人たちは、たった1つのことを大切にしています。

続きを読みながら、それは何か?を考えてみてください。

目標達成にはたくさんの努力がある

目標を達成するためにはたくさんの努力が必要になってきます。

動機を確認しておくこと。期間を決めて、スケジューリングすること。

ゴールだけでなく、ステップアップのための目標を決めること。PDCAサイクルを守ること。

 

進捗状況を細かく確認すること。誰かに宣言して応援してもらうこと。

体調をきちんと整えておくこと。達成できたことに、きちんと達成感をもつことなど・・・。

もっと細かく挙げたらキリがありません。これらの努力を目の前にしただけで、気が遠くなってしまいそうです。

さて、これらの中で目標達成した人が必ず大切にしていることは何でしょうか?

今挙げたものの中に含まれていますよ!

どれだかわかりますか?

動機だけで目標達成は左右される

正解は「動機を確認しておくこと」です。

これを徹底していかないといけません!

人は目標を決めたときに、なぜそれを達成したいのかという動機が必ずあるはずです。

好きなことだからとか、憧れの人がいるからとか、その動機も人によって様々。

その自分の動機をはっきりとさせておきましょう。

「なぜその目標を達成したいのか?」という質問だけでなく、「やらなくても良いんじゃないか」という反対の質問も自分に投げかけてください。

正直、その目標を達成しなくたって死にはしませんよね?

達成できなくても今仕事を失うことも、お金が無くなることもありませんよね?

それでもその目標を達成したいという強い動機がありますか?曖昧な動機や周りに流されて決めた動機なんかだとすぐに挫折します。

逆に強い動機があるだけで、どんなに苦しい努力も続けていけるのです。高い壁にぶち当たっても、原点に戻って動機を確認するだけで乗り越えられるようになります。

それが「目標を達成した」、さらには「夢を叶えることができた」という素晴らしい結果になるんです。

あなたの動機は何ですか?何回でも自分に問いかけてみてください!

-仕事術

© 2020 男をみがけ「Happy man」