仕事術

仕事を辞めたいと思った時にチェックすべき転職を決めるポイント4つ

仕事を辞めたい…、どんな会社に勤めていても、一度くらい転職を考えたことがある人は多いと思います。

でも漠然と考えているだけと、実際に行動に移すのとではまったく異なりますよね。

辞めたいと思った時にチェックすべき、転職を決めるポイントについて、考えてみました。

次の就職先は見つけることができるか?

転職を考える際に、まずは次の就職先の確保を考えることは大切です。

余りにも就職後すぐに転職を決めてしまっては、次の就職もなかなか難しくなってくることがありますし、転職先が見つからないことはかなりのストレスにもなります。

仕事をやめる時期や、やめることによるデメリットもよく考えたうえで、転職を考えましょう。

就業規則を再度確認する

仕事をやめる際には、自分の会社の規則がどんなものか一度確認してみましょう。

いつまでに辞職を申し出るべきか、ボーナスの条件や退職金など退職する際に役立つこともたくさんあります。

また、有給がどれくらい残っているかも確認し、転職活動に充てることができるか、休息時間に充てることができるのか、一度調べておくこともおすすめです。

退職後、資金に余裕はあるか

退職した後、すぐに転職が決まっていればいいですが、間が空くのであれば資金面でも余裕を持つべきです。

今まで会社に負担してもらっていた保険も、自分で払う必要が出てきます。

失業給付金がもらえる条件も確認して、もらえるべきものはきちんともらえるように手配をしておきましょう。

ただし、会社都合でなく自己都合でやめる場合、失業手当が出るのは最低3か月後になるので、3カ月間は余裕のある資金を確保する必要があります。

また退職後は、クレジットカードを作ることが難しくなるので、退職前にクレジットカードは作成しておきましょう。

退職を話す人の順番は慎重に決める

退職の決意が決まった場合、その相手の順番はとても重要です。間違えると会社でもめ事が発生したり、退職がスムーズにいかなくなってしまいます。

直属の上司に相談するのがセオリーですが、信用できる方に相談してみるのもいいですね。

-仕事術

© 2020 男をみがけ「Happy man」