美容

営業男子も注目しておきたい!? 男性の爪のお手入れ基本

女性の間では今や一般的になってきた爪のお手入れ。

ネイルサロンに通ったり、自宅でケアしたりする方が大半です。

そんな流れを受けて、今、爪のお手入れをする男性も着々と増加中なんだとか。

「男が爪の手入れだなんて……」と躊躇している方にこそ読んでほしい内容です。

爪のお手入れの大切さとその方法について確認しておきましょう。

爪のお手入れが必要な理由

「爪の手入れが必要ない」と語る男性に伝えたいのは、爪が人に与える印象の大きさです。

例えば、電車の中。吊革につかまる手の爪が中途半端に伸びていたり、汚かったりしたら、なんとなく嫌な印象を持ちませんか?

あるいは名刺交換のシーン。相手の視線はあなたの手に注がれます。

その際、キレイに切りそろえられた清潔な爪なら、もしかしたら商談もうまくいくかも!?

たかが爪、されど爪。

爪一つで相手に与える印象が変わってくるとしたら、爪のお手入れをしない理由はありませんよね。

爪のお手入れに必要なアイテム

さて、実際に爪のお手入れを始めようとする際に準備したいアイテムは2つです。

一つはエメリーボードと呼ばれる爪やすり、そしてもう一つはバッファーと呼ばれる爪の表面を磨くアイテムです。

もっと本格的なお手入れをしようとすれば道具はさまざまありますが、爪のお手入れデビューの方にはこの2つで十分。

どちらもドラッグストアや100円均一のお店などで手に入れることができます。

カンタンにできるお手入れ方法

では早速爪のお手入れの方法をお教えします。

まず、整えたい長さの少し手前まで爪を切りましょう。

その際、爪の先がガタガタだったり、引っかかりがあっても気にしなくて大丈夫ですよ。

さぁ、いよいよエメリーボード(爪やすり)にトライ! 爪に対して直角にやすりを当てて、何度か動かしてみてください。

ほら! 爪の断面がつるっとしてきましたよね。この作業を繰り返して、爪を理想の長さに整えましょう。

爪とぎが終わったら、バッファーの出番です。バッファーには表面の目が粗い面と細かい面があります。

まずは目の粗い面を爪の表面に当て、磨いてみてください。

引っかかりがなくなったら、目の細かい面にチェンジ。

何度か磨けば、ピカピカの爪の出来上がりです。

エメリーボードもバッファーも“やり過ぎ”は厳禁。

もうちょっとかな?”と思うくらいで止めておけば、失敗も少ないですよ。

爪をお手入れして清潔感のある手に

相手に与える印象をぐっと良くしてくれる爪のお手入れで、仕事もプライベートももっと充実できると思いますよ。

-美容

© 2020 男をみがけ「Happy man」