美容

男性のためのスキンケアの基本、乳液の使い方

洗顔料や化粧水を使用する男性が年々増えています。

男性も肌に気を使う時代です。

しかし、もう一歩ハードルが高いのが乳液の存在ではないでしょうか。

この乳液、正しく使用すれば、肌の状態を格段に良くしてくれる心強い味方なんです。

今回はぜひ男性にも使用してほしい乳液の正しい使い方をお教えします。

乳液が果たす役割

乳液とは、肌に適度な水分と油分を与え、肌の水分蒸発を防ぐ、肌を滑らかにするための液状のスキンケアアイテム。

化粧水に比べ、とろっとしているのが特徴です。乳液は化粧水の後に使用しましょう。

化粧水で補った水分を、乳液がキープしてくれるイメージです。

ただ、乳液によっては、油分の量が多いものもあり、顔が脂っぽいのが気になる男性には不向きの場合も。

というわけで次の項では、乳液の選び方をアドバイスします。

どんな乳液を選べばいいの?

乳液によるベタつきが気になる方、さっぱりした仕上がりを求める方にオススメなのは、ウォーターベースの乳液です。

さらっとした付け心地と油分の少なさが特徴なので、ライトな仕上がりになります。

乳液デビューをしてみたい方も、ウォーターベースからスタートすれば、抵抗感も少ないかもしれません。

肌の乾燥が気になる方は、保湿成分の入った乳液を選びましょう。

こちらはしっとりした付け心地で、気になるカサつきを抑えてくれます。

髭を剃る際にカミソリ負けしたり、アレルギーがあったりと肌トラブルを抱えている方は、天然成分や無添加を掲げる乳液を選ぶのがポイントです。

肌をケアするための乳液が肌トラブルを生んでは元も子もありません。自分に合った一本を選びたいですね。

正しい乳液の使い方

さぁ、洗顔、化粧水による保湿ケアを済ませたら、いよいよ乳液の出番です。

乳液は適量(使用する乳液に書いてある使用目安を確認しましょう)を手に取り、肌の隅々までのばしましょう。

のばし終えたら、もうワンステップ。

掌で顔全体を包んで、温めるようなつもりで、顔を軽くプッシュしましょう。

しっかりと乳液が塗布され、パックのような効果もプラスされますよ。

逆に乳液によるベタつきが気になる方は、乳液を塗布した後、軽くティッシュで拭き取るのもアリ! 乳液の効果は残しつつ、ベタつきが軽減されます。

ただし、ティッシュで力強くゴシゴシするのはやめましょう。

せっかくの保湿ケアが台無しになってしまいますよ。

乳液を使いこなす

洗顔、化粧水よりもハードルが高いイメージの乳液ですが、その使い方はとってもカンタン! より乾燥しやすい冬に向けて、スキンケアに乳液を取り入れてみませんか?

-美容

© 2020 男をみがけ「Happy man」