美容

朝のひげそりをスムーズに行うとっておきの方法

朝のひげそりをスムーズに行うとっておきの方法を紹介します。

朝起きて15~30分後に剃る


髭は、朝6時から10時に一番伸びると言われています。

またむくみを取って埋もれている毛の剃り残しを防ぐためにも、15分から30分待って剃り始めましょう。

朝は肌が一番元気な状態でもあるため、剃刀負けも防ぐことができます。

洗顔と蒸しタオルで肌を整える


すぐにシェービングクリームを使用しないで、まずは肌を髭を剃りやすい状態に整えます。

肌に汚れや皮脂が残っているとダメージの原因につながります。

優しく洗顔し、さらに上から蒸しタオルで髭を柔らかく剃りやすい状態に整えておきましょう。

シェービングクリームを塗る


肌への摩擦を減らすためには、シェービングクリームを使用しましょう。

しかし、石鹸をそのまま使用すると雑菌の繁殖の原因にもなるのでやめましょう。

髭を剃る

1.カミソリの場合


髭の流れに沿って剃ります。

剃り残しは逆剃りを行いますが、その際は再度シェービングクリームをつけて滑りを良くして行いましょう。

また全体に逆剃りを行うのではなく、気になる部分をピンポイントで行うのがポイントです。

2.電気シェーバー


毛の流れに逆らって剃っていきます。

ゆっくりと皮膚を伸ばしながら剃ることがポイントです。

すすぎの洗顔とアフターケア

仕上げにしっかりとシェービングクリームと顔についた髭をすすぎます。

ダメージを防ぐためにも、化粧水と乳液で必ず保湿を行いアフターケアも忘れずに行いましょう。

特に顎の下が忘れがちなので、しっかり化粧水・乳液をつけて髭剃りのケアを行ってくださいね。

-美容

© 2020 男をみがけ「Happy man」