美容

清潔感のない男はモテない!素肌ベースづくりの方法

女性にウケがいいのは、清潔感のある男性ですよね。

夏の暑い時期でも、汗っぽかったり、肌荒れやニキビで清潔感のない男はモテません。

まずは、素肌ベースをつくり、清潔感を演出しましょう。

清潔感のある、素肌ベースつくりの方法について、説明します。

まずは洗顔をして余計な油分を落とす


素肌ベースを作っていく前に、まずは余分な皮脂や汚れを落とし、メイクが浮かないようにします。

このときお風呂に入ってしまうと火照ってしまって赤みが差し、メイクが浮いてしまうことがあるので、お風呂上りは最低30分はおいてからメイクに取り掛かるようにしましょう。

そして普段から洗顔をおろそかにしていると、それが原因でどんどん肌が荒れている場合もあり、メイクをすることで余計に悪化する恐れもあります。

清潔感のあるきれいな素肌を手に入れるためにも、洗顔は丁寧に洗い上げることを意識していきましょう。

化粧水、乳液で肌に潤いを与える


化粧をする前の肌が乾燥していては、すぐに化粧は崩れてしまいます。

また、乾燥肌も肌荒れの原因になるので、化粧をしない日もしっかり化粧水、乳液の順に肌を保湿していきましょう。

肌に潤いを与えることで、乾燥肌だけでなく毛穴の開きも改善し、皮脂の過剰分泌にも効果が期待できますよ。

化粧下地でさらにばれにくい工夫を!


化粧下地を塗ることで、肌の凹凸やテカリを抑えより化粧がのりやすくなります。

ヒゲやニキビも隠すことができ、塗るのと塗らないのでは圧倒的な差があります。

もし化粧下地までそろえるのが難しい場合は、日焼け止めを塗って下地として代用してもいいですね。

仕上げはBBクリームで素肌ベースの完成


最後は、BBクリームを顔の中心から外側に向かって伸ばし、なじませれば完成です。

ポイントは、少量ずつ顔に乗せ薄くのばしていくことです。脂性の方は、さらに上からパウダーで抑えるとテカリが抑えられます。

よりナチュラルに仕上げるのであれば、全体ではなく、気になる部分のみに塗ると、自分の肌の色と馴染みよりばれにくく仕上がります。

-美容

© 2020 男をみがけ「Happy man」