美容

夏の終わりの弱った肌をケアする男性用紫外線対策

夏の終わりから秋にかけて、季節の変わり目にもあたり、体調を崩す人も多いですよね。この時期、お肌もお疲れ気味になっています。

かといって、紫外線はまだまだ強烈に降り注いでいますので、紫外線対策も怠らないようにしましょう。

夏の終わりの弱った肌のための、男性の紫外線対策のお話です。

夏の終わりのお肌は弱っている

エアコンの風による乾燥や、戸外と室内の温度差、発汗による摩擦などで、夏のお肌はつかれきっています。

また、夏の強烈な紫外線を浴びて、お肌のダメージも大きいはずです。

最近は、男性でもレジャーやアウトドアでは日焼け止めを塗るなどして、紫外線対策を行う人が増えました。

しかし、紫外線は普段の日差しの中でも降り注いでいます。

毎日の外出でも、こまめな紫外線対策が必要なのです。

紫外線は老化現象の原因

紫外線がしみの原因になることは、なんとなくご存知の人も多いと思います。

紫外線を浴びると、肌の中に、メラニンという色素が形成されます。

健康的な肌なら、このメラニン色素は自然と体外へ排出されますが、肌の代謝機能が下がっていると、肌内部に残ってしまい、これがしみになってしまうのです。

また、紫外線は、肌の奥にある肌の弾力を作り出す構造を破壊してしまいます。このため、肌にハリがなくなり、しわができやすくなるのです。

紫外線対策と保湿ケア

普段の生活で浴びる紫外線もお肌にダメージを与えます。

ですから、外出する際にも日焼け止めなどの対策をこまめに行うことが大切です。

最近は、日焼け止めクリームだけではなく、飲む日焼け止めとしてサプリメントで紫外線対策を行うことも可能になりました。

また、この時期のお肌は乾燥してバリア機能が下がっています。

とくに入浴や洗顔のあとは、念入りに保湿ケアを行いましょう。

疲れた肌にしっかりと保水と栄養補給をしてあげることです。

疲れたお肌をいたわってエイジングケア

しみやしわは、一日紫外線を浴びたからといって、すぐにできるものではありません。

毎日のダメージの積み重ねが、年齢を重ねたある日、しみやしわとなって現れるのです。

ですから、毎日のスキンケアを継続することが、老化現象の進行を緩やかにします。

紫外線対策と保湿ケアで、弱ったお肌をしっかりいたわってあげましょう。

-美容

© 2020 男をみがけ「Happy man」