美容

BBクリームとCCクリーム二つの違いと役割

ファンデーションを選ぶときにBBクリームやCCクリームといったものは、1つで何役もの役割を果たしてくれるので、メイクになれていない男性にとっては使いやすいアイテムです。

しかし、BBクリームとCCクリームって、いったい何が違うの?と思っている人も多いでしょう。

BBクリームとCCクリームの違いと特徴、それぞれのメリット・デメリットについてまとめました。

BBクリームとCCクリーム

BBクリームって何?


まず、BBクリームとは「肌の気になる部分をファンデーションでカバーする」というものです。

BBクリームの役割は、ニキビやシミといった肌トラブルや毛穴をしっかりカバーすることで、隠してくれる、言わばコンシーラーの様な性質のものです。

このBBクリームというのは、もともと医療現場で傷を隠す為などに使われていたので、とてもカバー力が高いのが特徴的です。

CCクリームって何?

一方、CCクリームは「肌の気になる部分を色でコントロールする」ためのものです。

気になるシワやクスミに対しての色を全体の色とカモフラージュし、隠してくれる役割があります。

CCクリームの「CC」とは「コントロールカラー」の意味なんです。

CCクリームの特徴は、BBクリームのような高いカバー力はありませんが、主に化粧下地として活躍してくれます。

BBクリームとCCクリームの使い分け


この二つの違いを持つクリームを上手く使うためには、まず、自分の肌の特徴や欠点を知るところが大切でしょう。

BBクリームのようにファンデーション+コンシーラーの役割を果たし、高いカバー力を持っていて、なおかつ日焼け止めの役割をしてくれるのは、とても便利です。

しかし、デメリットとして「厚塗り感」が出てしまうという欠点があります。

化粧下地という役割よりもファンデーションという役割を重視し、「塗って隠す」ものだからなんです。

また、CCクリームは、化粧下地+美容効果と言うところに重点を置いています。

ファンデーション程のカバー力はありませんが、下地として肌の色をワントーン上げて保ってくれるというのがメリットです。

それに加え潤いを与え乾燥を防いでくれるため、BBクリームのようなマット感とは逆にナチュラルに見えます。

しかし高いカバー力はありませんので、シミなどの欠点を隠したい人には物足らないかもしれません。

-美容

© 2020 男をみがけ「Happy man」