美容

朝起きたら目の下にクマ!今すぐ何とかする改善方法ってある?

目の下にクマがあるだけで、顔が暗く見えてしまいますよね。

特に、職場でクマのせで疲れ顔だとなんとなく感じ悪くなってしまいます。

まずはクマの原因を解明していきましょう。実はクマには三種類あります。

種類別に原因が異なっています。

目の下にできるクマの種類

青クマ

最も一般的なクマがこの青クマです。血行が悪くなることによってできてしまいます。

寝不足や不規則な生活、疲労やストレスによって血行不良になってしまいます。

とくに生まれつき皮膚が薄い人は目立ちます。

黒クマ


黒クマは加齢とともにできるものです。

年を重ねるにつれて、まぶたの下の皮膚がさらに薄く弱くなっていきます。

目の下の眼窩脂肪という脂肪を支えてくれている筋肉がゆるんでしまい、その下に窪みができるのです。

その影が黒く見えることでクマになります。さらにむくみが生じると、余計に目立ってしまいます。加齢とともに起こる黒クマの原因は、下まぶたの皮膚が薄くなってしまうことと、加齢によってコラーゲンが減少してしまい、皮膚のたるみが生じることです。

茶クマ


小さなシミが集まってしまったり、擦れることによる摩擦が積み重なってしまったりすることによる色素沈着が原因となるのがこの茶クマです。

目の周りの摩擦が原因となってシミになるので、目を擦ることが癖になっている人に多いです。

以上の3つのシミ別によって、自分に合った対策が必要になります。

今すぐクマを何とかしたいときの応急措置


朝、起きたら目の下にクマが、なんてことはよくありますよね。

目の下のクマは、普段から予防してできにくくしておくことが大切です。

でも、できてしまったクマをマッサージを行って血行を良くすることで、少しは改善が期待できます。

血行が滞ることによってできる青クマや、むくみによって生じる黒クマを改善ためには、血行促進のマッサージやツボ押しが有効です。

また、色素沈着によって起こる茶クマも、血行を良くすることで肌のターンオーバーが活発になるので効果的です。

黒クマを消す!血行促進のマッサージの手順

両手の人差し指と中指、薬指の三本の指を額の真ん中に当てます。そして、気持ち良いと感じる強さで押しながらこめかみまで移動させます。

次に、両手の中指の腹を、両目の目尻に当てます。

目の下のくぼみの下の骨を指の腹でなぞるようにしながら、目頭へ、目の上、そして目尻へとマッサージをします。

最後に、両手の肘を肩と平行に張ります。

中指と薬指の腹を目の下に当てて、目頭から目尻へと、そしてこめかみまでマッサージします。

これを繰り返して5回行ってください。

マッサージする際の注意ですが、目の周りはとても繊細です。

強く押しすぎたり、擦りすぎたりしないように注意してください。

目のたるみを予防するためのストレッチ

次に、目のたるみを予防するために、筋肉を鍛えるストレッチを覚えておきましょう。

これもカンタンですので、思いついたときに行うクセを付けておくとよいかもしれませんね。

目をギュッと強く瞑って5秒キープします。次に目を大きく開けてまた5秒キープします。

これを5回繰り返して行うだけです。これらのマッサージやツボ押しは、毎日自宅で根気よく続けることで改善されます。

少しずつでも良いので毎日行いましょう。

-美容

© 2020 男をみがけ「Happy man」