健康

付き合いも必要だけど…、二日酔い防止のための飲み方のコツ

お酒を飲んだ次の日、目覚めると頭痛や吐き気…、つまり二日酔いですが、つらいですよね。

二日酔いになってから、お酒を飲み過ぎたことを後悔するものですが、かといって、お酒をまったく飲まない付き合いというのも難しいものです。

そんなツライ二日酔いを防止するためには、もちろん飲み過ぎないことが最も大切です。

しかし、どうしても飲まなくてはいけないシーンもありますし、お酒が好きな人にとってはお酒を一切飲まないというのもつらいもの。

お酒を楽しみながら次の日に残さないためには、飲み方をちょっと工夫するだけでもOKなんです。

お酒を飲む機会が増える季節の前に知っておきたい、二日酔い防止のための飲み方のコツについてまとめてみました。

まずは飲み過ぎないことが一番!

お酒を飲み過ぎると二日酔いになります。

これを防ぐには自分のペースで飲むことです。

誰かにすすめられても、自分のペースを守る飲み方ができれば問題ありませんが、それが難しい場合も多いですよね。

若い人同士でも飲み放題ならどんどん飲む男性がもてはやされたり、女性の前でお酒に強いところを見せようとして飲み過ぎたりしがちです。

仕事関係の飲み会の場合に若い人は目上の人がすすめるお酒を断るのが失礼だと感じてしまい、けっきょく飲み過ぎるということもありますよね。

結局は、自分のペースではなくお酒をすすめる人のペースで飲むと二日酔いになりやすいのです。

空腹での飲酒は避ける

これも経験上よく知られることだと思いますが、空腹でお酒を飲んだ場合、酔いが回るのが速くなり、二日酔いにもなりやすくなります。

これは、胃腸が空っぽの状態でアルコールを摂ると、アルコール分がより早く吸収され、血液中のアルコール濃度が上がってしまうことが原因です。ですから、アルコールを摂る際には、空腹時は避け食事をした後もしくは食事をしながら飲むようにしましょう。

二日酔いになりにくい食べ物は脂肪分

二日酔いの予防に効く食べ物は脂肪といわれています。

脂肪は、消化分解されるまでに時間がかかるので、同時に摂取することでアルコールの吸収が緩やかになるんです。

脂肪分はさまざまな食品に含まれますが、おすすめは、飲酒前にスプーン1杯のオリーブオイルを摂ることです。

お酒を飲む前にオリーブオイルなどの使われているドレッシングがかかったサラダを摂るだけでも効果があります。

もしくは、お酒を飲みながらナッツ類を食べるのもよい方法です。

ナッツ類には、脂肪が含まれているので、アルコールが急激に吸収されるのを妨げてくれるからです。

水分を補給する

例えば、ワインや日本酒などを飲むときに、それと同量の水をいっしょにとると二日酔いになりにくいといわれます。

水分補給は、二日酔いを防ぐためにできるカンタンな方法ですので、ぜひ実践してみてください。

アルコールを摂るときに水で割ったり、チェイサーを飲みながら摂ると、アルコールの取りすぎを予防できます。

とはいえ、水で薄めても杯を重ねることにより、結局アルコール摂取量が多くなるのでは、意味がありません。

くれぐれも飲み過ぎには注意が必要です。

また、水分を補給することは、二日酔いの症状の一つである「脱水症状」を予防することもできます。

アルコールには利尿作用がありますので、積極的に水分を摂ることでこれを予防できるんです。

これから宴会やイベントでお酒を飲む機会も増えますよね。

ちょっとした心がけで二日酔いを防ぐことができますので、ぜひ試してみてください。ただし、やはり最終的には、飲み過ぎを防ぎ、楽しくお酒を飲むことが大切ですよ。

-健康

© 2020 男をみがけ「Happy man」