健康

眠っているのに疲れがとれない、疲労回復に摂りたい栄養素とサプリメント

きちんと睡眠時間を取っているのに疲れがとれないという人に、積極的に摂りたい栄養素を紹介します。

毎日の食事の中で、次にあげるものを意識して摂取してみてください。

食事でコントロールするのが難しい人は、サプリメントを利用するのもおすすめです。

アミノ酸

疲労回復に効果を発揮してくれるアミノ酸は、運動後や就寝前に摂取することで成長ホルモンの分泌を活発にし、効率よく疲労回復を行うことができます。

そのため、アミノ酸を多く含むサプリメントを就寝前に摂取してから眠りにつけば、目覚めたときに疲れも軽減されているはずですよ!

クエン酸

アミノ酸と同じく、疲労回復効果の代表として知られている栄養素です。

レモンなどの酸味成分で、このクエン酸を摂取することで体内の乳酸の生成を抑制し、疲労の蓄積を抑えることができるのです。

さらに体内のエネルギー生産量も高まるため、より効率よく疲れを回復していくことができるのです。

ビタミンB1誘導体

ビタミンB1は、糖分をエネルギーに変える効果があり、体内にエネルギーが増えればそれだけ疲労は回復していきます。

そしてそんなビタミンB1をより体に吸収させやすくしたのが、ビタミンB1誘導体です。

ビタミンB1は炭水化物は糖分をすぐにエネルギーへ変換できるため、すぐに疲労を回復したいときは、このビタミンB1が配合されているサプリメントを選ぶことがオススメです。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10を補うことで、エネルギーをより効率的に作り出せるサポートを行います。

さらにコエンザイムQ10には、抗酸化作用があり活性酸素の発生を防ぎ、疲労回復に高い期待ができます。

コエンザイムQ10は加齢とともにその数を減らし、さらにストレスや激しい運動でも減少しますが、食事などで摂取するのは難しいためサプリメントで補うことをオススメします。

-健康

© 2020 男をみがけ「Happy man」