脱毛

その肌荒れ、ムダ毛の自己処理が原因かも?

「毛が濃いのは男性らしさを印象付ける」というのはすでに妄想になりつつあるのでしょうか。

今どきの女性は、男性のムダ毛に対して嫌悪感を抱く人が多いといいます。

そのため、男性でもムダ毛処理を起こっている人はたくさんいますが、自分で行うムダ毛処理のために肌を傷つけてしまっている男性も多いようです。

あなたの肌が大丈夫でしょうか。ムダ毛処理による肌荒れをまとめてみました。

乾燥で肌が白っぽく、粉をふいたような状態

ムダ毛処理による肌荒れで多いのは、肌の乾燥です。

カミソリやシェーバーで剃ることによって、肌に必要な角質もそぎ落としてしまい、肌のバリア機能が低下してしまっています。

白い粉が吹いていたりする場合は重症ですので、しばらくムダ毛処理はストップしたほうがよいかもしれません。

毛穴がぶつぶつ、黒ずんでめだってきた

ムダ毛を剃るときに毛穴の入り口を傷つけてしまうことがあります。

毛抜きや脱毛ワックスでムダ毛を毛根から引き抜く時にも、毛穴の中で炎症を起こしたりして、毛穴がぶつぶつになることがあります。

とくに毛を抜いた時の毛穴は開きっぱなしになっているので、そこから、感染したりしてニキビが出来る原因にもなります。

肌が黒ずんできた

慢性的にムダ毛を処理していると、肌に余計な負担をかけてしまい、肌の中でメラニン色素が生成されることがあります。

メラニン色素は普通なら、肌の古い角質となって、自然と体外に排出されます。

しかし、肌の新陳代謝が上手く行われていない時は、そのまま肌に色素沈着してしまうことがあります。

毛が皮膚の中に埋まっている

カミソリで剃ったり、毛抜きでムダ毛抜いたりしたときに、毛穴の出口にかさぶたが出来て、ふさがってしまうことがあります。

その場合、毛穴の中で成長した毛は行き場を失くし、とぐろをまいて、肌の中に伸びていきます。

肌の表面からはムダ毛が伸びているのが見えるのに、毛自体は肌表面に出ていないので、処理したくても処理できない状態になるのです。

一番良いのは自己処理をやめること

このようなムダ毛処理による肌荒れやトラブルを防止するには、自己処理をやめるのが最も良い方法です。

最近では、メンズ脱毛を行っているエステサロンも多いので、体験コースなどをためしてみるのもよいかもしれません。

どうしてもエステに通えないとか、エステに抵抗感があると言う人は、正しいムダ毛処理の方法を行うようにしましょう。

-脱毛

© 2020 男をみがけ「Happy man」