男の悩み

皮かぶりを自分でケアできる【矯正リング】と【補助テープ】

【矯正リング】仮性包茎の手術は必要ないって本当?

あなたは大丈夫ですか?皮かぶりではありませんか?

皮かぶりのタイプで日本人に一番多いのが仮性包茎だそうです。

仮性包茎は、皮を向くのが容易なので、そのまま放置している人が多いです。

とは言え、放置することによるデメリットは多くありますが、メリットはひとつもありませんので、しっかりと治しておきたいものです。

そんな仮性包茎でお悩みの人へ自分で手軽にできるケアの方法をご紹介します。

Happy man

男を磨くためにも、皮かぶりは克服しておこう!

やればできる。

そうよねぇ。

悩んでいる人は頑張って治しましょう。

私も応援してるよ!

マリリン

皮かぶりについて

次に、皮かぶりの特徴、デメリットなどを解説します。

皮かぶり(仮性包茎)って?

仮性包茎は、勃起していても、勃起していなくても簡単に皮を剥くことができます。

このときに痛みなどはありません。

ただ症状には個人差があって、勃起すると亀頭が自然に顔をだす軽度の人と勃起しても亀頭に皮が被ったままの人もいます。

皮かぶり(仮性包茎)のデメリットて何?

仮性包茎のデメリットはつぎの様なものがあります。

恥垢がたまりやすい

仮性包茎は普段から皮を被っている状態が続くので、チンカスが溜まりやすくなります。

衛星的には、もちろん良くないうえに、痒みや悪臭の原因になります。

これではSEXを楽しむことはできませんね。

女性からも嫌がられます。

そして不衛生なために性病にかかるリスクが高まります。

炎症をおこすリスクが高い

不衛生なために、亀頭炎や包皮炎などを起こしやすくなります。

炎症を繰り返すとカントン包茎になる危険性があります。

カントン包茎とは

カントン包茎は、包皮先端の口の部分が狭く亀頭を露出せさせようとすると亀頭や陰茎に締めつけがあるタイプの包茎です。カントン包茎はいずれの状態でも早期の治療をおすすめいたします。

引用元:メンスサポートクリニック https://www.clairvoyancecorp.com

早漏の原因になる

仮性包茎の人は早漏で悩んでいる人が多いです。

普段から亀頭が皮を被っているため、亀頭が刺激に慣れていないのです。

このためSEXの時は、亀頭が敏感に反応してしまい早漏になってしまいます。

なので、普段から向いておいて亀頭を刺激に慣れさせておく必要があります。

SEXで早くいってしまうのは、しらけるし、女性からも不評です。

女性に見られるのが恥ずかしい

何といっても皮を被っているアソコを女性に見られるのは恥ずかしいものです。

女性にだけではなく、温泉などで他の男連中に見られるのも恥ずかしいものです。

こういったことがでコンプレックスとなり、心理的なデメリットにつながります。

このようなデメリットを考えたら、絶対に治しておきたいですよね!

皮かぶり(仮性包茎)の治し方

仮性包茎を治すには、手術によって治す方法と仮性包茎矯正グッズを使って治す方法があります。

その2つを解説していきます。

手術によって治す方法

手術によって治す方法とは、専門医の診断をうけて包茎手術を受ける方法です。

最近は手術の術式もいろいろとあるようですが、総じて言えば余っている皮を手術によって切除するのです。

ただ手術するといっても入院は不要です。

抜糸の際には、通院が必要となりますが、今は抜糸不要の自然に溶ける糸もあります。

いずれにしても専門医としっかり相談の上、決めることが大切になります。

そして気になる手術料金相場を概略説明しておきます。

術式によって変わってきますが、だいたい10万円~30万円です。

病院へ行くのが怖い、手術するのが怖いという人は、次に説明する治し方を参考にしてください。

手術費用に比べたら、格安の値段で手軽に試せます!

仮性包茎矯正グッズで治す方法

仮性包茎矯正グッズで一般的なのは、補助テープや矯正リングを使う方法です。

これらは亀頭に皮が被らないように補助テープや矯正リングでクセづけをしてやるというやり方です。

どちらも一般的に売られている商品ですので、安心して使用できます。

補助テープで治す

医療用テープを使用してつくられた仮性包茎補助テープです。

仮性包茎補助テープの使い方
補助テープ
出典:https://karibauer.com/


貼り方
出典:https://karibauer.com/
  1. 上の絵のように皮をむいてテープを貼り、皮が戻らないように支えます。
  2. テープは接着力が強い割に薄いので、貼り直しが効きません。初めは位置決めが難しいかもしれませんが慣れれば問題ありません。
  3. 貼る場所により、仕上がり具合異なってくるので、自分にもっとも良い位置を試しながら検討してみて下さい。
  4. 貼る際には、テープの引っ張りが大事です。テープを引っ張って包皮のシワの上に貼って戻りを固定します。
  5. 貼った後は無理に剥がさないようにご注意下さい。無理に剥がすと皮膚を痛める可能性があります。
  6. 時間が経つと剥がれやすくなります。水やお湯とせっけんでゆっくり丁寧にこすり落として下さい。

矯正リングで治す

皮を剥いた状態で亀頭の下部にリングを取りつけて、皮が戻らないようにストーッパーの役目をするものです。

矯正リングは、いろいろな商品がありますが自分のサイズに合わせて調整でくるものがお勧めです。

そして脱着が簡単なマグネット式がいいと思います。

矯正リングの使い方
出典:https://karibauer.com/

使い方はとても簡単です。

  1. 皮を剥いた状態で矯正リングをつけるだけです。
  2. 脱着はマグネット式を選べばワンタッチで行えます。

まとめ

皮かぶり(仮性包茎)を治すには、手術だけではなく別の方法もあるということが分かってもらえたと思います。

放置しがちな仮性包茎ですが、SEXを楽しむためにも、衛生的にも治すことをおススメします。

手術に抵抗のある人は、自宅で手軽にできる矯正というやり方を選んではいかがでしょうか。

Happy man

悩んでいるのなら、一度試してみたほうがいい!

克服できれば、男の自信もつく。

悩んでいる人

頑張ってね。

あなたなら絶対克服できるよ!!

マリリン

-男の悩み

© 2020 男をみがけ「Happy man」